むかし の どうぐ。 昔の生活道具

人がはこぶ|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

の どうぐ むかし

🙌 旗 旗は今と同じです。

8

昔の生活道具

の どうぐ むかし

😚 炭 木を炭やきがまで、むしやきにして作ったねんりょうです。 また塩のみまたは塩と糠(ぬか)を混ぜたものを炒って布に包んだもの(塩温石)も同様に使用されていました。 ころころこたつ 使用年代 大正~昭和中期 (50年ぐらい前まで) 使い方 湯たんぽと同じ役割ですが、中に火が入っているので、ねぼけて蹴飛ばしたりしても火事にならないように、中の火入れがくるくる回るようになっています。

むかしの道具調べ

の どうぐ むかし

🤲 両替商において天秤で量目(質量)を測定してから通用価値が定められました。

20

時代とともに変化した「脱穀(だっこく)」するための道具

の どうぐ むかし

😈 めがね 今もめがねです。

2

人がはこぶ|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

の どうぐ むかし

😁 草をとるだけでなく、土をかきまわす作業もしてくれるので、手作業の時代よりだいぶ楽になりました。 消し壷 もえているたきぎや炭の火を消すためのつぼです。

7

Web版 「むかしの道具」展

の どうぐ むかし

🙌 この分銅の形は蚕の繭をかたどったものといわれており、江戸時代初期に生糸貿易が盛んであり、生糸は貴重品とされたためといわれています。 吸入器 ぜんそくとかぜに使う物 こんなこんな物があったらべんりだなあとおもいました。

家のつくり|むかしの道具と人々のくらし|亀山こども歴史館

の どうぐ むかし

🤔 また、歯の並べ方を湾曲形にして、稲束を扇状に広げ、扱手 こきて からそれぞれの歯が等距離となるようにしました。

13