アメリカ 中国 コロナ 戦争。 21世紀の世界覇権国争い「アメリカvs中国」について ‐「米中戦争前夜」を読んだ考えたこと‐

中国共産党は武漢肺炎ウイルスが人工合成であることを認めた

戦争 コロナ アメリカ 中国

🤝 趙報道官のツイートを各国の大使館がリツイートし、世界各地に中国のメッセージを拡散しているという。 他国に大量の医療物資を送る中国の動きとは逆の動きだ。

18

アメリカと中国 パンデミック下の暗闘②|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

戦争 コロナ アメリカ 中国

😈 中国は、「虎の尾を踏む」の喩ではないが、米国の国鳥である「白頭鷲」を撃ってしまったのである。 戦略の中身は目的・手段・方法であり、これらが成立しなければ使えない。

21世紀の世界覇権国争い「アメリカvs中国」について ‐「米中戦争前夜」を読んだ考えたこと‐

戦争 コロナ アメリカ 中国

♻ 勝てば再攻撃を防ぐための莫大な維持費がかかり、敗けたら敗けたでアメリカは破産するのである。 執筆者:上岡 龍次(Ryuji Ueoka) プロフィール:戦争学研究家、1971年3月19日生まれ。 今回の株式暴落の直接の仕掛け人がロスチャだとすれば、間違いなく世界大恐慌に行きつくものと思われます。

20

中国共産党は武漢肺炎ウイルスが人工合成であることを認めた

戦争 コロナ アメリカ 中国

😀 この差は致命的だ。 中国は30年で急速に近代化した。

7

新型コロナの収束で始まる、「米中全面対決」の危険性

戦争 コロナ アメリカ 中国

🤑 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. 株価が大暴落し、かつ欠勤者が2~3割に達すれば、アメリカ経済は深刻な打撃を受け、日用品などは中国から輸入するしかなくなります。

15

WEB特集 アメリカと中国 パンデミック下の暗闘

戦争 コロナ アメリカ 中国

☮ この戦略情勢図はリンク先をご覧いただければ分かるが、念のためにここに貼り付けよう。 このように、アメリカは多少強引でも大義名分が整えば「やるときは、やる」ってことです。 「ウイルスが中国で広まっているときに、中国政府はWHOと共同で事実を隠蔽して、PPE(the personal protective equipment 医療マスクや防護服など「個人防護具」)の国際市場を独占して利益を上げている」 ナヴァロ氏はトランプ政権が「米中貿易戦争」を仕掛けたときの、戦略的な支柱となっている人物である。

19

21世紀の世界覇権国争い「アメリカvs中国」について ‐「米中戦争前夜」を読んだ考えたこと‐

戦争 コロナ アメリカ 中国

☭ アメリカも、そんなことは百も承知です。

怒り心頭、米国防省が中国包囲作戦を策定中 新型コロナで「白頭鷲」を撃った中国、米国と全面対決へ(1/7)

戦争 コロナ アメリカ 中国

🤣 今後のアメリカと中国の対立を予想 今後のアメリカと中国の対立について,私の考えを以下にまとめます。 ただし,オランダ東インド会社(1602年設立の世界初の株式会社)が設立され,植民地の貿易の仕組みを作り,効果的に貿易利益を上げました。 世界恐慌が1929年に始まると、日本は世界に先駆けて世界恐慌から抜け出した。

15

コロナ騒ぎの仕掛け人は、中国とロスチャ。狙いは、アメリカ経済の崩壊(るいネット)

戦争 コロナ アメリカ 中国

😭 アメリカ人にとって、この事件は「イスラム教徒」が「キリスト教徒」に宣戦布告した戦争という捉え方になった。 そして軍事面では、南沙諸島で周辺国 フィリピンやベトナム の抗議を無視し、行政区を設置しました。

15