松下 幸之助。 松下幸之助の名言|松下幸之助経営塾|PHP研究所

松下幸之助の名言|松下幸之助経営塾|PHP研究所

幸之助 松下

💢 したがって、われわれの経営も、この原理で支配されている。 そして、この宝は、誰にでも与えられているのである。 松下幸之助の自然観・宇宙観に、「万物は生成発展している。

18

創業者 松下幸之助の言葉|パナソニック 採用情報

幸之助 松下

😝 どういうことかというと、商売で、心配で心配でたまらん、もう明日にでも自殺しようかという所まで追い込まれたら、小便が赤くなるという。

10

松下幸之助の名言・格言(経営者の言葉)

幸之助 松下

🤫 正治の兄弟・平田克己の妻・宣子はに連なる。 そのなかには、どこにも負けないような立派な経営理念が存在していていながら、それを適用していく方針ややり方に、今日の時代にそぐわないものがある。

華麗なる一族「松下家」、2代目社長正治氏が残した資産は?

幸之助 松下

☮ 働くことをじゃましないことが、一番うまい人の使い方である。 しかし、わが国は、まあ、みんなで集まって、車座やね、さあ、種まきは、いつしようか、いつ頃、刈り入れをしたらいいんだろうか、村の衆が集まって相談する、話し合いをするというようなことだったと、わしは思う。

松下幸之助 │ 名言集および格言集

幸之助 松下

👌 松下幸之助は創業の頃から毎年、年末または年頭に座談会を開催し、前年の経営概況と新年の抱負、要望等を述べていたが、会社の業容発展にともない、昭和15年から毎年1月10日に経営方針発表会を催し、その年の経営方針・目標を発表してきた。 けど、いつでも、人間は偉大な存在であるという考えを根底に持っておらんとね。 だから、人を育て、生かすにあたっても、まずそういう人間の本質というものをよく認識し、それぞれの人が持っている優れた素質が生きるような配慮をしていくことが大切である。

10

松下電器創業者・松下幸之助は「叱り方」の名人だった!?|人間力・仕事力を高めるWEB chichi|致知出版社

幸之助 松下

✔ 報恩の念に燃えて、経営の一切の立て直しをしなくてはならない」。 家が松の大樹の下にあったところから松下の姓を用いたとする。

4